タミフルの効果

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ薬

インフルエンザ薬のタミフルは、インフルエンザウイルスの増殖を抑えて重症化を防ぎます。また、インフルエンザ発症後、48時間以内に服用しなければ効果がありません。

タミフルは、インフルエンザの特効薬として知名度の高い薬剤です。ただし、ウイルスを死滅させる薬剤ではなく、あくまでもウイルス増殖を抑える薬剤です。服用後すぐに完治するわけではありません。

また、タミフルは、インフルエンザ発症後48時間以内に服用しないと効果がありません。インフルエンザウイルスの増殖は、48時間でピークを迎えます。

その後は、徐々に増殖が抑えられて、自然と身体の中から消えるのです。したがって、重症化を防ぐためには、ウイルスが増殖し切る前に飲みましょう。

タミフルは服用期間を守ってこそ効果を発揮する

タミフルは、服用期間を守らないと効果が出ません。タミフルの服用期間は5日間です。

タミフルの服用を途中でやめると、タミフルの耐性ウイルスを生む可能性や、インフルエンザを再発させてしまう危険性があります。

タミフルの服用期間は5日間になります。症状が治まっても、5日分の薬剤は飲み切るようにしましょう。服用期間を守ることで、インフルエンザの重症化や再発を防げます。

タミフルは、用法用量と服用期間を守ることで、効果を発揮するのです。