インフルエンザの治療に効果のあるタミフル

インフルエンザの特効薬はタミフル

インフルエンザの特効薬は、タミフルです。

タミフルは、インフルエンザの症状を抑えつつ、かつ治療を速めてくれる治療薬です。

タミフルを服用するタイミングは、インフルエンザの症状が出てから48時間以内になります。しかし、予防目的で飲む場合は、1日に飲む回数や服用日数などは異なるので、医師の指示に従いましょう。

また、タミフルは、特定の年齢の子どもには異常行動などの副作用の危険性があります。

正しく服用できれば、インフルエンザの治療期間が短くなります。インフルエンザは、発症すると、学校や会社を長期間休む必要があるため、早く治さなければなりません。

タミフルは、条件や服用方法などが決められていて、サプリメントのようにいつでも飲めるというわけではありません。

医薬品であることから、間違った使い方をすれば症状が改善できなかったり、副作用を引き起こしてしまう可能性もあります。必ず添付文書を確認して飲むようにしましょう。

タミフルを服用すれば1日早く治る

タミフルを服用すれば、治療期間を約1日早められます。

タミフルは、インフルエンザ治療薬で、第一選択薬です。

治療過程の臨床試験では、偽薬の場合は、約121時間で改善されるのに対し、タミフルの場合は、約98時間で改善されます。つまり、23時間も短縮できるのです。したがって、タミフルを使用すれば、インフルエンザは1日早く治るといえます。

たった1日とは言え、学校や仕事に1日でも早く復帰したい患者にとって、タミフルは強い味方です。

また、タミフルは、体内のインフルエンザウイルスが増殖するのを防ぎます。そのため、高熱や咳、倦怠感といった症状をある程度抑えられるのです。

インフルエンザは、酷い症状を伴うことになるため、ひとり暮らしの人にとっては厳しい病気です。

タミフルはこういった症状を軽減できることから、有効性が十分な薬と言えるでしょう。

タミフルでインフルエンザ予防ができる

インフルエンザ治療薬「タミフル」は、インフルエンザの予防薬でもあります。

タミフルの予防投与は、1日1錠を10日間服用します。治療を目的としている場合とは用法用量が変わるので注意しましょう。

予防薬として用いる場合は、インフルエンザ患者に接触してから、48時間以内に服用する必要があります。より効果を高めるのであれば、36時間以内がベストです。

タミフルの予防服用は、発症前にインフルエンザウィルスの増殖を抑え、発症を防げます。仮に発症しても、軽い症状に抑えられるのです。

ただし、タミフルを予防目的で服用するには、一定の条件があります。インフルエンザ感染リスクが高い人や、健康がおびやかされる可能性がある人でないと、病院で処方してもらえないのです。

具体的な基準は、65歳以上の方・慢性呼吸器疾患患者・慢性心疾患患者・腎機能障害患者・糖尿病患者です。

予防では健康保険が適用されないので、薬剤費などは自己負担になります。

また、投与したからといって必ず感染を予防できるわけではありません。発熱などの症状を感じたら早めに医師の診察を受けましょう。

タミフルは服用後4時間で効果を発揮する

タミフルは、服用後4時間で効果を発揮します。

タミフルは、投与後4時間前後で血中濃度が最大となります。そのため、服用から4時間経てば効果が出ると考えられているのです。

ただし、効果が期待できるのは、インフルエンザ患者と接触してから48時間以内となります。投与前に発症していれば予防としての効果はありません。

そのため、予防効果は高めるには、できるだけ早く服用すべきです。

ただし、タミフルの予防投与は、インフルエンザ予防接種に置き換わるものではありません。長期的に予防したいのならインフルエンザの予防接種を受けておくことをおすすめします。

タミフルの予防処方の費用は、5000円から8000円です。

人によっては、感染することにより健康を大きく損なう可能性もあります。それを考えると、予防費用は決して高くはありません。

感染が気になったらすぐに医師に相談し、必要ならばタミフルを処方してもらいましょう。

またタミフルは通販でも購入することが出来ます。薬の通販は個人輸入代行サイトを利用すれば簡単に注文することが出来ます。以下のサイトでは、実際に複数サイトで薬を通販して分かった通販のコツが書かれています。
購入した薬は残念ながらタミフルでなくED治療薬バイアグラジェネリックのカマグラですが、通販の参考になると思います。

カマグラ通販 完全ガイド